Your browser does not support JavaScript!

 

 

  Flamenco Barcelona  Flamenco Barcelona  Flamenco Barcelona  Flamenco Barcelona  Flamenco Barcelona  Flamenco Barcelona  Flamenco Barcelona  Flamenco Barcelona

 
Menu
Encuentros en la cumbre del baile: Los Premios de la Unión Una vez al año tiene lugar en la localidad de la Unión el Festival Internacional de Cante de las Minas. Se trata de un certamen en el que se escoge al mejor cantaor, bailaor, guitarrista e instrumentista de flamenco. Este año, y solo durante la primera mitad de diciembre, Tablao Flamenco Cordobes ha logrado reunir al ganador del Desplante, el premio al mejor bailaor, y a sus dos finalistas, reunidos los tres en el escenario histórico del Cordobes. ¿Te lo vas a perder?     ANGEL REYES Ángel Reyes Montes, nacido en Córdoba el 15 de Enero de 1993, comienza a bailar con la corta edad de tres años, en la escuela “Tacón y Bordón” teniendo como maestra a María del Mar Román “La Chata” durante diez años. A los seis años de edad obtiene el PRIMER PREMIO del concurso televisivo VEO VEO dentro de la edición de 1999. Con nueve años comienza su formación en el Conservatorio Profesional de Danza de Córdoba (CPD Luis del Río), donde finalizaría sus estudios en 2011. Ese mismo año participó en una gira como bailaor solista durante ocho días en la geografía…
Encuentros en la cumbre del baile Primera mitad de diciembre: Tablao Flamenco Cordobes ha logrado reunir a un elenco de artistas de primera categoría. Un encuentro en la cumbre del baile del que brotará un espectáculo único que seguro permanecerá en la retina de quienes lo vean. Sigue leyendo, querrás venir.    Karime Amaya Sobrina-nieta de Carmen Amaya, Karime es una bailaora de reconocido prestigio internacional que ya ha encandilado a los espectadores de medio mundo con su fuerza y temperamento. Ciudades como Nueva York, Tokio, Alburquerque, Quito, Nuevo México, Madrir o Mont-de-Marsan son algunas de las ciudades a las que ha llevado su propio espectáculo cosechando éxitos de crítica y de público. Karime ha colaborado con los artistas flamencos más importantes de este siglo y este mes estará con nosotros en exclusiva en Tablao Flamenco Cordobes. El Yiyo Solo durante la primera mitad de diciembre, y en línea con el compromiso de Cordobes con los jóvenes talentos, vuelven el arte y la explosividad de El Yiyo, unas de las jóvenes promesas del baile que más está dando de hablar. Nacido en Badalona y de padres gitanos de Jaén, Miguel Fernández "El Yiyo" complementa su pasión por el flamenco con una formación…
Granada, agua oculta que llora   En noviembre, Tablao Flamenco Cordobes estrena el espectáculo "Granada, agua oculta que llora". El Sacromonte y sus cuevas son portadores de una aureola romántica que alimentó el primer romanticismo literario. Nosotros con este programa presentamos a tres de sus intérpretes más reconocidos, los integrantes de las familias históricas y cuna de extraordinarios artistas que han ganado los más importantes premios y reconocimiento en los teatros más importantes del mundo. Su escuela personalísima llena de fuerza y carácter ha dejado a través de diferentes generaciones su huella siempre reconocible y autentica. Disfrútenlo   Juan Andrés Heredia Maya (1-28 de noviembre) Del 1 al 28 de noviembre viene por primera vez a Tablao Flamenco Cordobes Juan Andrés Maya. Nacido en pleno corazón del barrio gitano de Sacromonte (Granada), Juan Andrés desciende de una familia con amplia tradición flamenca: sobrino de los famosísimos bailaores Mario Maya y Manolete, y del no menos conocido guitarrista Juan Maya Marote. Empezó a bailar a la edad de tres años en la Cueva de la Rocío, y con tan solo catorce años viajó a El Cairo con la compañía de Cachado y desde entonces continuó actuando en distintos espectáculos.   En…
10月のタブラオでのフラメンココルドブス   寒さは恥ずかしがり、ランブラの散歩をこれまで以上に生き生きとさせる。今月、Tablao Flamenco Cordobesは一流のアーティストのキャストを集めました。芸術と才能が盛り込まれた歴史的なステージでのダンスのサミットでの出会い。   アマドール・ロハス セビリアを代表する一人として、バルセロナの舞台から1年後、アマドール・ロハスは(1-16)を返します。彼のフラメンコの基本を教えた伝説のファルーコの弟子は、ダンスのための彼女の情熱は、個人と独特のスタイルで、彼女自身の振り付けを作成、独学のような連続検索の方に彼をプッシュします。天才は、彼のキャリアの成功は彼がビエンナーレ・デ・フラメンコ2008年、「ラ・Venenciaフラメンカ」2009賞やゴールデン・リラ楽才賞2010年「ベスト・ニュー・アーティスト賞」を含むいくつかの賞を勝つ見ています。   カライメ・アマヤ 名前アマヤ、カライム・アマヤ(1-31)へのたゆみないと当然の相続人は、世界中の、特に彼の母国メキシコに劇場にその番組を続けています。ニューヨーク、東京は、アルバカーキ、キト、ニューメキシコ、マドリッドは、モン・ド・マルサンは、自分のショーで、あなたが訪問した都市の一部であり、間、ファルキート、アントニオ・カナレスとマリオ・マヤのような他のアーティストとのコラボレーションその他。   これは、バルセロナのフラメンコを示し、また、エヴァビラによるドキュメンタリー「Bajarí」の主人公の一つです。彼は両親の会社でわずか9年でプロデビューをした、ダンサー「ラ・ヴィニー」とギタリストサンティアゴアギラールは、それ以来、彼の長いキャリアは、特にバルセロナでは、ダンサーの参照の一つであることが彼女をリードしてきました。   ベレンロペス 9月16日まで、タラゴナからベツレヘム・ロペスに戻らなければなりません。すべての面で早期ダンサー、またフラメンコの彼の振り付けにも適用される古典舞踊、でのトレーニングは、あなたが本物とフラメンコの美学を失うことなく最も壮観なスタントを実行することができます。彼はその後、市長パスクアル・マラゴールの存在下で、バルセロナのカーレカルメン・アマヤの就任式の際に、子としての彼のキャリアを始めました。ダンスのための彼の驚異的な条件は、国際観光フェア(Inturfest)のいくつかのエディションでスペインを代表するために来て、子供の頃から世界で最も重要な劇場につながっています。カタルーニャのフラメンコレファレンスに加えて、最も完全な若手ダンサーの1人です。   ギター ギターから来た音楽のリズムに合わせて歌や踊りのスライド、ギターは9月全体で持つには十分に幸運のアーティストによって見事に果たしました。 デイヴィッド・チ​​ェルデューデラ 偉大なギタリスト「エル・ナニ」の息子は、最もよく知られているフラメンコのために果たしている、年間のエンリケ・モレンテを伴っており、スペイン国立バレエ団のギタリストとなっています。彼の息子、イスラエルCerreduelaは、特にエンリケ・モレンテ、サラ・バラス、アントニオ・カナレス、グアディアナ、のようなアーティストと仕事をしている彼の父と祖父と彼の22年間の足跡に続き、スペインの主要劇場を踏んました。   イスラエルCerreduela ダビデの息子は、とりわけ、そのようなアントニオ・カナレス、サラ・バラスとエンリケ・モレンテなど一流のアーティストと協力してきました。彼はマドリードのCañorotoのフラメンコ地区、デビッド・エル・ビエジン、ジェロニモ、例外のようなフラメンコアーティストの元に生まれ... 彼の若さにもかかわらず、彼は、とりわけ、エンリケ・モレンテ、サラ・バラス、アントニオ・カナレス、グアディアナ、のようなアーティストと仕事をしており、マドリード、バルセロナのColliseumやスペインの劇場とのロペ・デ・ベガ劇場のような劇場を強化しています私は、このような最新の太陽、塩、ヘスス・キンテロの息子として示しカルメン・コルテスと行動、さらにはテレビに作用しているビエンナーレ・デ・セビージャ、などの重要な祭り。 イスラエルは、彼のフラメンコギターの新鮮さと繊細さが特徴、と彼の家族に相続により取得した経験が彼をマークした参加しています。確かにフラメンコタッチの若い約束の一つであり、瞬間のより個性のある馬小屋の一つです。   Tuto ギターのトリオを完成させるには、私たちはTutoがあります。若手ギタリストは軌道が止まらないようです。彼はバルセロナでタブラオ・デル・カルメンに14歳で始めたと彼は非常に若いですが、フェルナンデスはファルーカエルFarruとサラ・バラスと、いくつかのショーのようなアーティストだけでなく、のような歌手で動作しますモンテ・コルテス、デュケンデ、ジネサ・オルテガ。   歌う マラ・レイ   マドリードで1979年3月9日生まれ、幼い頃に父トニー・レイ(ギター)と弟アントニオ・レイ、有名なギタリスト、conciertistaでは、そのような美術やコバルビアとして劇場にメキシコで最初のステップを取るようになりました、大企業のソリスト、音楽クリエイター。何年もの間、彼は、などマヌエラ・カラスコ、ロスFarrucos、ポベダ、ピパ、ドゥケンデ、とのダンサーや歌手として活躍しますそして彼はそのようなビエンナーレ・デ・フラメンコフェスティバル・デ・ヘレスのような主要な映画祭で行われました。歌手は4月26日にマドリードフラメンコタブラオコルドベス1で実行されます。   リトルチャビー   より良い「エルpechuguitaとして知られているホセ・Astáridaは、タックルに重力の完全な深い声を囲む古い古い、正教会、アントニオ・マイレナを連想させるが歌う。彼の喉の春から黒とレーシーなサウンドを持っています。   彼は、ロペ・デ・ベガ、ラマエストランサセビリア、FIBES、中央およびビエンナーレ・デ・セビージャを含むスペインの主要な劇場で働いています。   横断国家地理、芸術、努力と献身のほかアメリカ、エルサレム、セルビアとカサブランカのツアーpechuguitaにつながっています。   青年にもかかわらず、すでに世界の半分から観客を魅了した歌手。フラメンコの若い約束のひとつとなる声とテクニック。   アントニオ・カンポス "ボカイロ"   ボン牧師の周辺に、バルセロナに生まれ、彼はフラメンコ環境で子供の頃から育ちました。それは偉大な芸術家、カライム・アマヤ、スージー、パストラ・ガルバン、イエスカルモナ、アンジェリータ・モントヤ、グアディアナ、Junco、Farru、パトリシア・ゲレロ、ホセ・マヤ、アルフォンソ・ロサ、マルコスのような名前での作業、タブラオフラメンココルドベスでプロの歌手として形成されています。花、オルガ・ペリセット、ラ・モネタ。ハンド偉大な歌手がちょうど彼らの才能を磨き、タネマヌエルアントニオ・ビラー、ルビオ・デ・Prunaまたはココのように踊ります。   ミゲルデラトーレ   シンガーは、その性能の母親と子供の頃から、カタロニア、ラToleaの息子とスペインのさまざまな部分で上げに生まれ。   16で彼はまた、さまざまな国のために彼女の母親に主演し、18で一年半のホアキン・コルテスの会社で働いて世界中を旅して行き、ヨーロッパのツアーを作るCambalacheと呼ばれるグループに参加しました。   彼は6ヶ月間、日本で働いていたし、彼のリターンに、彼は彼がそのようなマノレテ、アントニオ・カナレスとラファエル・アマルゴとして偉大なアーティストと仕事をする機会があったマドリッドに移動しました。彼は、ほぼ10年のために残っているサラ・バラスの会社を入力するホアキン・コルテス、再び働きました。ミゲル等ニーニャ・パストーリ、トマティート、エストレージャ・モレンテ、ホアキン・サビーナ、ミゲル・ポベダ、のような偉大なフラメンコアーティストと行いました   ホセデラミゲラ   ホセ・デ・ラ・Miguelaバルセロナとカタロニア、間タブラオコルドベスの主要な場所で働いていたほか、そのようなアントニオ・カナーレスのようなフラメンコの先頭の数字と協力しているカタロニア語歌手です。   ザンブロ   より良い「鳩」として知られているホセ・マヌエル・銅谷は、バルセロナのVerdumで育った若い歌手です。ヘレスのルーツと純粋なキャット、ジプシーと心。ヘレスのすべてのエコーと優れたソニケート。   バルセロナに住んで数年後、Zambulloは特に、彼が定住し、彼はアントニオ・カナレス、パストラ・ガルバンとルーベン・オルモス満たしているバレエアンダルス、で働き始めたセビリアに、南ヘッド。彼女は、このようなマドリードとグラナダのアルハンブラ宮殿などの都市で働く年のためにそれらと協力しています。それは彼が、彼はインド、メキシコ、米国、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ、チリのような国でツアーを共有し、過去5年間で働いている人とファルキートと彼の家族に会ったのはこの時でした。彼は、エリア内の主要なタブラオに作用する、アルコス・デ・ラ・フロンテーラのカディスの町に住んでいた3人の、6年の間にセビリアで働いています。あなたのお気に入りのスティックをお願いすると、彼は、それはあなたが自宅でとなど、クリスマスなどの休暇、結婚式、上のすべての生命を聞いた曲だから歌っ識別ブレリアを感じていると応答します
フラメンコタブラオコルドベス9月   9月には、光と暖かさは、ランブラス通りとその賑やかな通りをglad​​deningています。今月には、タブラオコルドベスフラメンコは一流のアーティストの出演者をまとめています。保険は見る人の網膜に残るユニークなショーを踊っ湧き首脳会談。   Farru   ファルーコファミリーサガが最も重要なフラメンコダンサーやジプシーであるとFarru、まだアクティブな3人の兄弟の1は、9月15日にフラメンコタブラオコルドベス1で私たちと一緒になります。アントニオ・フェルナンデス・モントーヤは、より良い監督、「Farru」として知られ、ニューヨーク・シティセンターを含め、世界でタブラオと最も権威のある段階によって彼自身の個展を行いました。彼はまた、ビヨンセ、ビョーク、マーク・アンソニーとパウリナ・ルビオのようなポップスターで行われ、悲しげに故人マスターパコ・デ・ルシアと世界ツアーを共有しています。   カライム・アマヤ   名前アマヤへのたゆみないと当然の相続人は、カライム・アマヤ(16-31 8月)は、世界中の、特に彼の母国メキシコに劇場にその番組を続けています。ニューヨーク、東京は、アルバカーキ、キト、ニューメキシコ、マドリッドは、モン・ド・マルサンは、自分のショーで、あなたが訪問した都市の一部であり、間、ファルキート、アントニオ・カナレスとマリオ・マヤのような他のアーティストとのコラボレーション他の人。   これは、バルセロナのフラメンコを示し、また、エヴァビラによるドキュメンタリー「Bajarí」の主人公の一つです。彼は両親の会社でわずか9年でプロデビューをした、ダンサー「ラ・ヴィニー」とギタリストサンティアゴアギラールは、それ以来、彼の長いキャリアは、特にバルセロナでは、ダンサーの参照の一つであることが彼女をリードしてきました。   ビエンナーレ・デ・フラメンコ・デ・セビージャ、世界で最も重要なフラメンコフェスティバルの一つは、1998年以来、すべてのエディションでダンスパストラを開催しました。   彼のキャリアを通して、彼は他の多くの間エバ・ジェルバブエナ、フェルナンド・テレモト、ラ・スージー、ニーニョ・デ・プラ、マリア・パヘス、ホセ・ルイス・ロドリゲスや大天使のような芸術家と協力しています。   彼は8月15日まで、私たちと一緒になります。   ベレン・ロペス   また、8月26日からベレン・ロペス tarraconenseへ戻ります。すべての面で早期ダンサー、またフラメンコの彼の振り付けにも適用される古典舞踊、でのトレーニングは、あなたが本物とフラメンコの美学を失うことなく最も壮観なスタントを実行することができます。彼はその後、市長パスクアル・マラゴールの存在下で、バルセロナのカーレカルメン・アマヤの就任式の際に、子としての彼のキャリアを始めました。ダンスのための彼の驚異的な条件は、国際観光フェア(Inturfest)のいくつかのエディションでスペインを代表するために来て、子供の頃から世界で最も重要な劇場につながっています。これは、最も完全な若手ダンサーの一人だけでなく、参照フラメンコ・デ・カタルーニャです。   アマドール・ロハス   セビリアの独特の代表として、リモートシナリオバルセロナ年後、アマドール・ロハス(16から30)を返します。彼のフラメンコの基本を教えた伝説のファルーコの弟子は、ダンスのための彼女の情熱は、個人と独特のスタイルで、彼女自身の振り付けを作成、独学のような連続検索の方に彼をプッシュします。天才は、彼のキャリアの成功は彼がビエンナーレ・デ・フラメンコ2008年、「ラ・Venenciaフラメンカ」2009賞やゴールデン・リラ楽才賞2010年「ベスト・ニュー・アーティスト賞」を含むいくつかの賞を勝つ見ています。     現時点では、また彼は、セビリアのフラメンコ芸術のクリスティーナ・ヒーレン財団の教育に捧げ、そして、そのようなセビリアのダンスの音楽院、マラガダンスの音楽院と海外の多くの学校など様々なセンターでコースを教えて。   サラ・バレロ   それは彼の芸術サラ・バレロ、彼の後ろの広範かつ貴重なキャリアのフラメンコタブラオコルドベスで常習的なダンサーで私たちを魅了します月の最初の半分の間にそれらを同行します。サラは、9月15日〜30から私たちと一緒になります   ギター   ギターから来た音楽のリズムに合わせて歌や踊りのスライド、ギターは9月全体で持っているには十分に幸運のアーティストによって見事に果たしました。   デビッドCerreduela   偉大なギタリスト「エル・ナニ」の息子は、最もよく知られているフラメンコのために果たしている、年間のエンリケ・モレンテを伴っており、スペイン国立バレエ団のギタリストとなっています。彼の息子、イスラエルCerreduelaは、特にエンリケ・モレンテ、サラ・バラス、アントニオ・カナレス、グアディアナ、のようなアーティストと仕事をしている彼の父と祖父と彼の22年間の足跡に続き、スペインの主要劇場を踏んました。   我々はTuto、止められないようだ経歴を持つ若いギタリストを持っているギターのトリオを完了する。彼はバルセロナでタブラオ・デル・カルメンに14歳で始めたと彼は非常に若いですが、フェルナンデスはファルーカエルFarruとサラ・バラスと、いくつかのショーのようなアーティストだけでなく、のような歌手で動作しますモンセ・コルテス、ドゥケンデとジネサ・オルテガ。   カンテ   マリア・デル・マル・フェルナンデス   カディス歌手マリア・デル・マル・フェルナンデスは、すでにスペインや海外のミス、一度だけ生きるスペインで撮影され大ヒットボリウッドのメインテーマ(の彼女の描写で2011年の夏に、インドの国民を征服する前に、豊富な経験を持っていましたMilegiナDobara Zindagi、2011 - ゾヤ・アクター)。数年後・マリア・デル・マルレコードパコ・ペーニャの会社によると、4年間の世界の大部分をカバーしています。イングランド、オーストラリア、ニュージーランド、イスラエル、米国、南米...歌手はフラメンコアントニオ・カナレス、カルメン・コルテス、マヌエル・モラオと新スペインバレエ団の有力人物とのコラボレーション。   フアンマンザノ「ココ」   バルセロナのフラメンコの機関は、刺激的な思い出の完全かつ自然に溢れる彼の気質の歌は、彼のフラメンコの宇宙の中で明確な約束ます。   アントニオ・カンポス「Bocaillo」   ボン牧師の周辺に、バルセロナに生まれ、彼はフラメンコ環境で子供の頃から育ちました。それは偉大な芸術家、カライム・アマヤ、スージー、パストラ・ガルバン、イエスカルモナ、アンジェリータ・モントヤ、グアディアナ、Junco、Farru、パトリシア・ゲレロ、ホセ・マヤ、アルフォンソ・ロサ、マルコスのような名前での作業、タブラオフラメンココルドベスでプロの歌手として形成されています。フローレス、オルガPericetまたはモネタ。ハンド偉大な歌手がちょうど彼らの才能を磨き、タネマヌエルアントニオ・ビラー、ルビオ・デ・Prunaまたはココのように踊ります。    
8月のTablaoフラメンココルドブス カライメ・アマヤ 8月には、カルメン・アマヤ、カルメン・アマヤの姪、国際的な威信のダンサーの無限の情熱と芸術を持つことができます。彼女の舞踏は強さと気質を高め、彼女の芸術はすでに視聴者や半世界の批評家を驚かせている。ニューヨーク、東京、アルバカーキ、キト、ニューメキシコ、マドリード、モンドゥマルサンなどの都市は、すでに立ち遅れている場所のほんの一部です。   イエス・カルモナ 8月中、名声の高いダンサーと振付師がこの歴史的段階に入ります。このカタロニア人のダンサーは、現在、最も重要な国内外のフラメンコフェスティバルのトップパフォーマーの1人です。彼はスペイン国立バレエ団の最初のダンサーであり、5年にわたり最高のフラメンコアーティストとコラボレーションしています。彼が子供だったので、彼のダンススタイルは、ハードワークで完全に洗練され、彼自身の美的言語を作成するために彼の有利な技術を使用することができます。フラメンコの複雑で豊かな繊細さを習得し、世界で最も完成度の高い振付家の一人と見なされています。   Lucia Campillo LucíaCampilloはTablao Flamenco Cordobesに戻ります。このバイラオラは、カルメン、サンガ・ド・サンレ、スイート・フラメンカ、フエンテオウジナなどのプロダクションのキャストで、アントニオ・ガデス財団で彼女のプロフェッショナルなキャリアを始めました。 2010年には、ホセ・アントニオの指揮のもと、スペインのナショナル・バレエ団にソリスト兼初のダンサーとして入団し、スペインや世界で最も重要な劇場で演奏しました。彼はまた、このようなフェスティバル・デ・ヘレスやセビージャのビエンナーレなどの権威ある映画祭に参加、ショーCUNAネグラとブランカで、バイラオール、ダンサーヘスス・カルモナの会社にゲストアーティストとして、この段階で協力しています。   2013年に彼女は国立バレエ団を離れ、カンビオデテルシオでロハスとロドリゲスの会社に入社し、彼女はミゲル・アンヘル・ロハスが監督ショーガラ・フラメンカ、と国際見学や、アントニオ・カナレス、カライム・アマヤ、イエスカルモナなどのアーティストとステージを共有し、カルロス・ロドリゲス。   早ければ2014年のように、彼女はヨ、カルメン、などカサパタスのような重要なタブラオとパフォーマンスを兼ね備えた活動、コラル・デ・ラ・モレリアと、もちろん、タブラオフラメンココルドベスショーでマリア・パヘス会社に入りました。   サラ・バレロ 今月の上半期に同行しても、Tablao Flamenco CordobesのレギュラーダンサーであるSara Barreroが、彼らの背後にある広範囲かつ貴重なキャリアと、数多くの国際フェスティバルでの経験を再び賞賛します。   歌う アントニオ・カンポス "ボカイロ" ボン・パストールの近隣にあるバルセロナで生まれ、フラメンコ環境で幼少から育った。彼は偉大な芸術家と協力し、タブラオフラメンココルドベスでプロの歌手として形成され、カライム・アマヤ、スージー、パストラ・ガルバン、イエスカルモナ、アンジェリータ・モントヤ、グアディアナ、Junco、Farru、パトリシア・ゲレロ、ホセ・マヤ、アルフォンソ・ロサ、マルコス花のような名前、オルガ・ペリケットまたはラ・モネタ。 Granaínoの父から、彼はその地域のタンゴのために歌うために特別な才能を持っていますManuelTañé   マヌエルデラニーナ Jerez de la Fronteraの若手カンタオール。すでにアメリカの主要都市のステージを巡っている。彼はTomasa 'La Macanita'、Luis 'El Zambo'またはTíaMaríaBalaなどでデビューした   ヘレスのクィーニ 彼のキャリアを通して、Tomasa Guerrero "La Macanita"、Fernando Terremoto、Elu de Jerez、Merchora Ortegaなど多くの重要なアーティストと仕事をしています。 すでに20歳になって、歌手として成熟し、彼は歌に挑戦し、彼の舞台をパルメロとして残すことに決めました。 Lagarデ・パリージャでは、ヘレスで最も象徴的な会場の一つは、カンタオールとして始まり、一年後ブレリア・デ・ヘレスの曲のコンテストの最優秀賞を受賞し、クラブ、コンテストやフェスティバルでの公演を開始します。 彼の成功の後、彼はアントニオ・ガデスの会社に入社し、世界を旅してツアーを行った。アメリカ、フランス、ロンドン、カリフォルニア、モロッコ、ブラジルのいずれかが目的地になった。   マラ・レイ マドリードで生まれた彼女は、父親のトニー・レイ(ギタリスト)と大手企業の有名ギタリスト、ソリスト、音楽クリエイターである兄弟のアントニオ・レイと一緒に、Bellas ArtesやCoba Rubiaなどの劇場でメキシコで最初のステップを開始しました。何年もの間、彼女はなどマヌエラ・カラスコ、ロスFarrucos、ポベダ、エル・ピパ、ドゥケンデ、とのダンサーや歌手として働いており、そのようビエンナーレ・デ・フラメンコフェスティバル・デ・ヘレスのような主要なフェスティバルに行ってきました。マドリッド出身の歌手は、8月にタブラオ・フラメンコ・コルドブスで演奏する。   ギター ダンスと歌、常に最高のギターを伴います。 6月のギタリストのキャストを紹介します:   デヴィッド・セルデューデラ 偉大なギタリスト "エルナニ"の息子であるDavid Cerreduelaは、最も有名なフラメンコアーティストのために演奏しており、エンリケ・モレンテに何年も同行し、スペイン国立バレエ団のギタリストとして活躍しています。 イスラエルCerreduela 彼はAntonio Canales、Sara Baras、Enrique Morenteなどの有名アーティストと仕事をしています。彼はCañorotode Madridのフラメンコ地区、David ElViejín、Gerónimo、LaExcepciónのようなフラメンコアーティストのソースで生まれました。 彼の若さにもかかわらず、エンリケ・モレンテ、サラ・バラス、アントニオ・カナーレス、グアディアナなどのアーティストと仕事をしており、マドリードのテアトロ・ロペ・デ・ベガやバルセロナのスペイン劇場、彼がカルメン・コルテスと共に行動したセビージャのビエンナーレと同じくらい重要なフェスティバルでは、そして最近のエル・ソル、ヘスス・キンテロの息子のラ・サルなどのテレビ番組でさえも演じています。 イスラエルはフラメンコの爽快さと繊細さが特徴で、家族が遺した遺産によって得られた経験に統一されています。間違いなく、フラメンコタッチの若い約束の1つと、その瞬間のより個性のあるトーカーズの1つがあります。   Tuto 若いギタープレイヤーは、止められないような軌跡を持ちます。彼はバルセロナのタブラオ・デル・カルメンで14歳で演奏を始めました。彼は非常に若いですが、Sara BarasやLa FarrucaやEl Farruなどのアーティストや、MontseCortés、Duquende、Ginesaオルテガ。
Julio en Tablao Flamenco Cordobes El calor aprieta con entusiasmo, La Rambla está más animada que nunca y, al caer la tarde, su histórico tablao abre las puertas que albergan el mejor flamenco de la ciudad. Continúa en julio el encuentro en la Cumbre del Baile.   Karime Amaya Durante todo el mes tendremos la suerte de contar con la pasión y el arte infinitos de Karime Amaya, sobrina-nieta de Carmen Amaya y una bailaora de consolidado prestigio internacional. Su baile rezuma fuerza y temperamento y su arte ya ha encandilado a espectadores y crítica de medio mundo. Ciudades como Nueva York, Tokio, Alburquerque, Quito, Nuevo México, Madrid o Mont-de-Marsan son sólo algunos de los lugares que ya han caído rendidos a sus pies.   José Maya Vuelve también el corazón y la elegancia de José Maya. Niño prodigio nacido en una familia de artistas, inicia su carrera en los escenarios en el Teatro Albéniz con sólo nueve años, compartiendo cartel con maestros como Antonio Canales, Juan Ramírez o Enrique Morente. Considerado uno de los artistas flamencos más importantes del mundo, ha trabajado junto a estrellas de la música internacional como Marc Anthony, Björk o Beyoncé y ha colaborado con los…
フラメンコタブラオコルドベス6月     天気の良い日は、バルセロナの喜びにインストールされている、ランブラス通りを中心に右が賑やかな群衆の中に服を着て、その歴史的なタブラオは、一流の芸術家のキャストで夏を歓迎します。ダンスの首脳会議で継続します。     カライム・アマヤ 月を通して、私たちは情熱とカライム・アマヤ、カルメン・アマヤとダンサー連結国際的威信の偉大-姪の無限の芸術を持っている幸運になります。彼女の踊りは、強さと気質を漂わせる、そして彼の芸術は世界の半分の観客や批評家を魅了しています。ニューヨーク、東京、アルブルケルケ、キト、ニューメキシコ、マドリッド、モン・ド・マルサンのような都市はちょうど彼女の足元に落ちた場所のいくつかです。   ヒューゴ・ロペス ヒューゴ・ロペス 6月16日まで、私たちと一緒になります。このカリスマダンサーはバレエフラメンコ・デ・アンダルシアでソリストとして3シーズン後に今年初めコルドベスに戻りました。情熱的なダンサーとダンサーは、古典技法の彼の支配は、レコードとフラメンコのルーツのための審美的な新しい伝統的なフラメンコを維持しながら、多数のへの扉を開きます。それでもフラメンコタブラオコルドベスでこのシナリオに彼の最後の訪問で、全体の観客を驚かせファルーカとのテンポの速い踊りを思い出しました。   スサナカサス 6月16日1〜タブラオスサナカサスに踊ります。フランス、メキシコ、オランダ、日本は彼らの最初の目的地のほんの一部をされている:彼は彼のプロとしてのキャリアをスタートし、すぐに世界ツーリングを中心に行って始めただけで15と後ろの豊富なキャリアを持ちます。フラメンコタブラオコルドベスで、もちろん、マリオ・マヤ、マティルデ・コラル、クリスティーナ・オヨス、クーロベレス、アレハンドロ・グラナドス、ペドロ・シエラまたはJunco、とりわけ、と:それは、常に最高の企業やアーティストと協力してきました。彼は多くの賞を受賞している間Farolilloゴールドセビリア、第一国立賞「マティルデ・コラル」(バルセロナ)の喜びのためにダンスのための第二国立賞、最高の無料のダンスのための最優秀賞(カディス)とカンテ・デ・ラス・ミナスの国際フェスティバルで優秀賞。   フアン・ホセ・ヴィラー ホアン・ホセ・ビラーヴィラール、彼の祖父、カンタオールファニート・ビラーを始め、彼の父、歌手のフアンヴィラージュニアを続けアーティストのgaditanosの系統の武勇伝を下降さ。彼の母、スサナ・ゴメス、ダンサーが適当な場合であること、また芸術家です。しかし、この家族の荷物は、背後にあるフアン・ホセは、彼らの先祖の足跡を踏襲していることは驚くべきことではありません。実際に、彼はペーニャ・フラメンカ「ラ・ペルラ・デ・カディス」のステージ上だけで8年とzapatebaで、非常に小さなからフラ​​メンコのコールを感じました。 5年間、彼は日本全国ツアーの上で踊ってきたし、他の多くの間でカルメン・レデスマ、ペペ・トーレス、アルムデナセラーノとチョロモリーナ、などのアーティストとステージを共有しています。   サラ・バレロ 彼は彼の芸術サラ・バレロ、彼の後ろの広範かつ貴重なキャリアのフラメンコタブラオコルドベスで常習的なダンサーで私たちを魅了します月の後半に彼らを伴います。最後にサライ・ガルシア、数々の国際映画祭での経験を持つヘレスダンサーは、これ芸能人のキャストを完了し、16から29に実行されます。   カンテ ココナッツ ココ、6月全体で私たちのタブラオの壁に強さと才能に共鳴する冷却声として私たちの歌手の声、疑う余地のない品質のフラメンコアーティストで最高のダンスドレス   マヌエル・タネ 今月もマヌエル・タネ、ヘレス・デ・ラ・フロンテーラから本格的なジプシーの歌手を持って幸運です。彼の歌は、アーティストや評​​論家によって「野蛮」と定義されています。フラメンコを表現する彼らの方法は、祖先の魅力、めったに聞かない隔世遺伝の意味を持っているようマヌエルは誇らしげにその資格を取ります。   サラ・サラド 6月に彼は、舞台サラサラド、ワインのカンタオーラの土地に歌うとヘレス・デ・ラ・フロンテーラなど伝統なり、舞台芸術のための彼の情熱を植え付け家族の中で、アーティスト、と育つに恵まれています。   カナダ、東京、トロント、ギリシャ、メキシコ:2010年からは、彼のキャリアは、世界中の劇場で働いて、離陸します。彼らはまた、M.デ・ファリャで「恋は魔術師」を実行し、「ベルナルダ・アルバの家」での主役の一つとナバラの交響楽団とソリストとしてアントニオ・カナレスの会社との連携を重視します巨匠クリストバルソレルの音楽の方向、パンプローナとトゥデラの公開により、高い評価と大きな受け入れを取得。彼はまた、アントニオ・ガデスの会社とOrquestraデラコムニダード・デ・サルスエラ劇場でマドリードと「火」と「恋は魔術師」を果たしてきました。   イスラエルCerreduela ダビデの息子は、とりわけ、そのようなアントニオ・カナレス、サラ・バラスとエンリケ・モレンテなど一流のアーティストと協力してきました。彼はマドリードのCañorotoのフラメンコ地区、デビッド・エル・ビエジン、ジェロニモ、例外のようなフラメンコアーティストの元に生まれ...   彼の若さにもかかわらず、彼は、とりわけ、エンリケ・モレンテ、サラ・バラス、アントニオ・カナレス、グアディアナ、のようなアーティストと仕事をしており、マドリード、バルセロナのColliseumやスペインの劇場とのロペ・デ・ベガ劇場のような劇場を強化しています私は、このような最新の太陽、塩、ヘスス・キンテロの息子として示しカルメン・コルテスと行動、さらにはテレビに作用しているビエンナーレ・デ・セビージャ、などの重要な祭り。  イスラエルは、彼のフラメンコギターの新鮮さと繊細さが特徴、と彼の家族に相続により取得した経験が彼をマークした参加しています。それは確かにフラメンコギターとモーメントのより多くの人格を持つギタリストの一人の若い約束の一つです。   Tuto 止められないようだ経歴を持つ若いギタリスト。彼はバルセロナでタブラオ・デル・カルメンに14歳で始めたと彼は非常に若いですが、フェルナンデスはファルーカエルFarruとサラ・バラスと、いくつかのショーのようなアーティストだけでなく、のような歌手で動作しますモンセ・コルテス、ドゥケンデとジネサ・オルテガ。
フラメンコタブラオコルドベス月   コルドベスタブラオフラメンコのサイクル「ダンシング首脳会議を」続行。常に最高のアーティストをもたらすために我々のコミットメントを維持忠実な、これは我々は国際的に有名な芸術家の完全なキャストを持つことになりますする可能性があります。   Farru   ファルーコファミリーサガが最も重要なフラメンコダンサーやジプシーであるとFarru、まだアクティブな3人の兄弟の一つは、5月18日に4月28日からフラメンコタブラオコルドベスで私たちと一緒になります。アントニオ・フェルナンデス・モントーヤは、より良い監督、「エル・Farru」として知られ、ニューヨーク・シティセンターを含め、世界でタブラオと最も権威のある段階によって彼自身の個展を行いました。彼はまた、ビヨンセ、ビョーク、マーク・アンソニーとパウリナ・ルビオのようなポップスターで行われ、悲しげに故人マスターパコ・デ・ルシアと世界ツアーを共有しています。   カライム・アマヤ   第二に、そして唯一の5月15日まで、私たちは情熱とカライム・アマヤ、カルメン・アマヤの偉大-姪とダンサー連結国際的な威信の無限の芸術を持っている幸運になります。彼女の踊りは、強さと気質を漂わせる、そして彼の芸術は世界の半分の観客や批評家を魅了しています。ニューヨーク、東京、アルブルケルケ、キト、ニューメキシコ、マドリッド、モン・ド・マルサンのような都市はちょうど彼女の足元に落ちた場所のいくつかです。   ヒューゴ・ロペス   ヒューゴ・ロペス 19〜31月から私たちと一緒になります。このカリスマダンサーはバレエフラメンコ・デ・アンダルシアでソリストとして3シーズン後に今年初めコルドベスに戻りました。情熱的なダンサーとダンサーは、古典技法の彼の支配は、レコードとフラメンコのルーツのための審美的な新しい伝統的なフラメンコを維持しながら、多数のへの扉を開きます。それでもフラメンコタブラオコルドベスでこのシナリオに彼の最後の訪問で、全体の観客を驚かせファルーカとのテンポの速い踊りを思い出しました。   フアン・デ・フアン   唯一の15日まで、今月我々は象徴的なダンサーファン・デ・フアンを継続します。セビリア、フアンのネイティブは、ニューヨークのシティセンター、パリのシャンゼリゼ通り、ミラノの国立劇場、テアトロナシオナルのような国際的なフラメンコのシーンの劇場のフェスティバルでは、スペインのステージやタブラオ上で最も重要なショーに参加しています他の多くの間、東京でコスタリカ、メキシコ芸術劇場、ベネズエラの劇場テレサ・カレーニョ、ブラジリア国立劇場、オペラ劇場ポーランド文化村オーチャードホール、サドラーズウェルズ劇場、ロンドンの。   スサナカサス   スサナカサス(30及び31)。フランス、メキシコ、オランダ、日本は彼らの最初の目的地のほんの一部をされている:彼は彼のプロとしてのキャリアをスタートし、すぐに世界ツーリングを中心に行って始めただけで15と後ろの豊富なキャリアを持ちます。フラメンコタブラオコルドベスで、もちろん、マリオ・マヤ、マティルデ・コラル、クリスティーナ・オヨス、クーロベレス、アレハンドロ・グラナドス、ペドロ・シエラまたはJunco、とりわけ、と:それは、常に最高の企業やアーティストと協力してきました。彼は多くの賞を受賞している間Farolilloゴールドセビリア、第一国立賞「マティルデ・コラル」(バルセロナ)の喜びのためにダンスのための第二国立賞、最高の無料のダンスのための最優秀賞(カディス)とカンテ・デ・ラス・ミナスの国際フェスティバルで優秀賞。   ルシアカンピージョ   再び16〜31フラメンコタブラオコルドベス・ルシアカンピージョから。このダンサーは制作Fuenteovejunaフラメンコカルメン、ボダス・デ・サングレ、およびスイートのリストには、アントニオ・ガデス財団に彼のプロとしてのキャリアを開始しました。 2010年に、彼はスペインと世界で最も重要な劇場に行って、ホセ・アントニオ以降、アントニオ・ナジャロの方向の下でソリストとプリンシパルとしてスペイン国立バレエ団に参加しました。この段階でも、このようなフェスティバル・デ・ヘレスやセビージャのビエンナーレなどの権威ある映画祭に参加し、ショー黒と白CUNAでジーサス・カーモナダンサーとダンサーの会社にゲストアーティストとして動作します。   2013年に国立バレエ団を離れ、変速ギヤを持つ企業ロハスとロドリゲスの一部となり、ミゲル・アンヘル・ロハスが監督ショーガラ・フラメンカ、との国際ツアーを行うことや、アントニオ・カナレスなどのアーティストとステージを共有し、カライム・アマヤ、ヘスス・カルモナ、カルロス・ロドリゲス。   すでに2014年に、彼は当然のショーI、カルメン、カサパタス、コラル・デ・ラ・モレリアのような重要なタブラオでパフォーマンスを兼ね備えた活動と、タブラオフラメンココルドベスで会社マリア・パヘスが参加しました。   サラ・バレロ   彼は彼の芸術サラ・バレロ、彼の後ろの広範かつ貴重なキャリアのフラメンコタブラオコルドベスで常習的なダンサーで私たちを魅了します月の後半に彼らを伴います。最後にサライ・ガルシア、数々の国際映画祭での経験を持つヘレスダンサーは、これ芸能人のキャストを完了し、16から29に実行されます。       カンテ   ココ、Bocaíllo   私たちの歌手の声で最高のダンスドレス、月の月を通じて、当社のタブラオの壁に強さと才能で鳴り響くココとBocaíllo2人のスリリングな声のような疑う余地のない品質のフラメンコアーティスト。   マヌエル・タネ   今月、唯一の31と31、また、我々はマヌエル・タネ、ヘレス・デ・ラ・フロンテーラから本格的なジプシーの歌手を持って幸運です。彼の歌は、アーティストや評​​論家によって「野蛮」と定義されています。フラメンコを表現する彼らの方法は、祖先の魅力、めったに聞かない隔世遺伝の意味を持っているようマヌエルは誇らしげにその資格を取ります。   Zambullo   月を通して、より良い「鳩」として知られている歴史的なタブラオラランブラホセ・マヌエル・銅谷、に戻っは、バルセロナのVerdumで育った若い歌手です。デjerezanas根、純粋な、ジプシーと心が歌います。ヘレスと優れたsoniqueteのまだエコー。まもなく20 Zambulloを回した後、ジョアキン・コーツとマドリードへの旅行を行いました。その時間の間に彼は最も重要なカサパタス、カルボネラスまたはコラル・デ・ラ・モレリアを含め、事実上資本タブラオのすべてを行いました。彼はアントニオ・カナレス、パストラ・ガルバンとルーベン・オルモス満たしているバレエアンダルス、に取り組んでいくつかの開始後。彼女は、このようなマドリードとグラナダのアルハンブラ宮殿などの都市で働く年のためにそれらと協力しています。   それは彼が、彼はインド、メキシコ、米国、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ、チリのような国でツアーを共有し、過去5年間で働いている人とファルキートと彼の家族に会ったのはこの時でした。   あなたのお気に入りのスティックをお願いすると、彼は、それはあなたが自宅でとなど、クリスマスなどの休暇、結婚式、上のすべての生命を聞いた曲だから歌っ識別ブレリアを感じていると応答します   メアリーミックス   喜びで彼のパフォーマンスでカンテ・デ・ラス・ミナスの国際フェスティバルで、2013年に受賞、メアリーミックスは、瞬間の最も有望な声の一つです。それは早い年齢で、このようなキューバ、メキシコ、カナダ、ドイツ、ロシア、ウクライナ、オランダ、モロッコなど多くの国が来ている、そのようなフェスティバル・デ・ヘレス、ラ・ビエンナーレ・デ・セビージャのように偉大なフラメンコフェスティバルに参加しているとホセのようなアーティストとステージを共有しましたマース、パンセキート、フアナ・ラ・デル・Revuelo、ミゲル・ポベダ、ヘラルド・ヌニェス、エルZamboとエスペランサ・フェルナンデス。彼は現在、スペイン国立バレエ団のゲスト歌手で、今年は彼の最新ソロアルバムをリリースしました。彼は5月28日まで、私たちと一緒になります。   サラ・サラド   29〜31月には、ステージのための彼の情熱を植え付け家族の中で、アーティスト、と育つために幸運である、ヘレス・デ・ラ・フロンテーラとして、段階サラ・サラド、ワインのカンタオーラの土地に歌うと伝統ますそして芸術。   カナダ、東京、トロント、ギリシャ、メキシコ:2010からは、彼のキャリアは、世界中の劇場で働いて、離陸します。彼らはまた、M.デ・ファリャで「恋は魔術師」を実行し、「ベルナルダ・アルバの家」での主役の一つとナバラの交響楽団とソリストとしてアントニオ・カナレスの会社との連携を重視します巨匠クリストバルソレルの音楽の方向、パンプローナとトゥデラの公開により、高い評価と大きな受け入れを取得。彼はまた、アントニオ・ガデスの会社とOrquestraデラコムニダード・デ・サルスエラ劇場でマドリードと「火」と「恋は魔術師」を果たしてきました。   キリストエレディア   今月は歌手クリストファー・エレディア・アマヤ「クリストエレディア」初めてです。フラメンコ歌手のサガの作家メンバーAlmerienseと歌手と作曲家フアン・エレディア「ヘラクレス」の息子と歌手のフアン・エレディア「エル・Pirri」の孫を作曲。   そして非常に若い、14歳の時、正式にマスタートマティートとグループで協力しフェスティバル・デ・Fondón(アルメリア)で歌ってデビュー。その後、それはニーニョ・ホセレ、ラ・ルピ、フアン・デ・フアンおよびなどのような名前を目立つそのうち自分の会社に参加する地域および国レベルでのショーで自分の存在を要求する偉大な芸術家のための一般的です   まもなく彼の19歳の誕生日後にパコ・デ・ルシアの先生は、「良いもの」ツアーのために彼に気づきます。あなたは、5月29日にタブラオ1でそれを見ることができます。     ギター   ダンスと歌、最高のギターでいつものように同行しました。私たちは、5月のためのギタリストの私達のキャストを提示します:   デビッドCerreduela   偉大なギタリスト「エル・ナニ」の息子は、最もよく知られているフラメンコのために果たしている、年間のエンリケ・モレンテを伴っており、スペイン国立バレエ団のギタリストとなっています。彼の息子、イスラエルCerreduelaは、特にエンリケ・モレンテ、サラ・バラス、アントニオ・カナレス、グアディアナ、のようなアーティストと仕事をしている彼の父と祖父と彼の22年間の足跡に続き、スペインの主要劇場を踏んました。   イスラエルCerreduela   ダビデの息子は、とりわけ、そのようなアントニオ・カナレス、サラ・バラスとエンリケ・モレンテなど一流のアーティストと協力してきました。彼はマドリードのCañorotoのフラメンコ地区、デビッド・エル・ビエジン、ジェロニモ、例外のようなフラメンコアーティストの元に生まれ...   彼の若さにもかかわらず、彼は、とりわけ、エンリケ・モレンテ、サラ・バラス、アントニオ・カナレス、グアディアナ、のようなアーティストと仕事をしており、マドリード、バルセロナのColliseumやスペインの劇場とのロペ・デ・ベガ劇場のような劇場を強化しています私は、このような最新の太陽、塩、ヘスス・キンテロの息子として示しカルメン・コルテスと行動、さらにはテレビに作用しているビエンナーレ・デ・セビージャ、などの重要な祭り。    イスラエルは、彼のフラメンコギターの新鮮さと繊細さが特徴、と彼の家族に相続により取得した経験が彼をマークした参加しています。それは確かにフラメンコギターとモーメントのより多くの人格を持つギタリストの一人の若い約束の一つです。   Tuto   止められないようだ経歴を持つ若いギタリスト。彼はバルセロナでタブラオ・デル・カルメンに14歳で始めたと彼は非常に若いですが、フェルナンデスはファルーカエルFarruとサラ・バラスと、いくつかのショーのようなアーティストだけでなく、のような歌手で動作しますモンセ・コルテス、ドゥケンデとジネサ・オルテガ。  
  Los Farruco y los Amaya, espectáculo de flamenco en Barcelona   Fechas 2017: 1 de junio, 20 de julio Artistas:              Baile: Antonio Fernández “El Farru”, Karime Amaya, Susana Casas, Sara Barrero               Cante: Juan Manzano "Coco", Antonio Campos "Bocaillo"               Toque: David Cerreduela, Tuto *Alguno de los artistas puede variar por causas de fuerza mayor Este espectáculo presenta el contraste entre dos apellidos ilustres del flamenco, acompañados de los jóvenes talentos de la actualidad.  Una vez más, la extraordinaria universalidad del flamenco permite reunir en un mismo espectáculo a artistas representativos de Sevilla y Catalunya:  Antonio “El Farru” y Karime con Susana Casas y Sara Barrero, situadas en la élite del reconocimiento profesional por los entendidos. El espectáculo Los Farruco y los Amaya , pretende recrear la peripecia gitana a su llegada a España, a través del Ródano entrando por Catalunya en 1425. Las nubes negras del siglo XV, la religión como condición integradora, su paulatina integración, y la consolidación de una idiosincrasia de fuerte personalidad.  Esta forma de ser, alimentada por el mestizaje y la creatividad musical y artística, configura una forma de…
ダンスサミット会議   フラメンコタブラオコルドベスは、4月に主人公としてダンスとパフォーマンスの新シリーズを発表しました。ホセ・マヤ、フアン・デ・フアンとカライム・アマヤ:4月では、三人の大批評家によって認識ダンサー、そして国民を持っている幸運になります。   フアン・デ・フアン   フアン・デ・フアンは、2017年に初めて訪問するために私達に戻って、4月30日に私たちとタブラオフラメンココルドベス1になります。アントニオ・カナレスの瞳は、近年で最も重要なダンサーの一人とみなされ、彼らの創造性と新しいアイデアやコンセプトのための継続的な検索が常にコアとしてフラメンコとあらゆる種類の芸術的プロジェクト、につながっています。バルセロナのフラメンコの夜、彼は驚きを約束し、最高のフラメンコnivel.Estaráたちで   カライム・アマヤ   カライム・アマヤ月間コルドベスに戻ります。名前アマヤへのたゆみないと当然の相続人は、Karimeは、世界中の、特に彼の母国メキシコに劇場にその番組を続けています。ニューヨーク、東京は、アルバカーキ、キト、ニューメキシコ、マドリッドは、モン・ド・マルサンは、自分のショーで、あなたが訪問した都市の一部であり、間、ファルキート、アントニオ・カナレスとマリオ・マヤのような他のアーティストとのコラボレーション他の人。それは30に4月1日の月を通じてステージ上Barcelona.Karimeアマヤ行為でフラメンコを示し、また、エヴァビラによるドキュメンタリー「Bajarí」の主人公の一つです。 ホセ・マヤ   また、11から4月27日にホセ・マヤの心と優雅さになります。芸術家の家庭に生まれた子の天才は、彼はアントニオ・カナレス、フアン・ラミレスとエンリケ・モレンテのような巨匠と段階を共有し、わずか9年でアルベニス劇場で舞台上の彼のキャリアを始めました。世界で最も重要なフラメンコアーティストの一つと考えられ、マーク・アンソニー、ビョークやビヨンセなどの国際音楽の星で働いており、近年で最も重要なフラメンコアーティストとコラボレーションした:トマティート、・グイト、ケタマ、エストレージャ・モレンテ、ベレン・マヤ、イスラエル・ガルバンと他の多くの間ファルーコ、。     マラレイ   マドリードで1979年3月9日生まれ、幼い頃に父トニー・レイ(ギター)と弟アントニオ・レイ、有名なギタリスト、conciertistaでは、そのような美術やコバルビアとして劇場にメキシコで最初のステップを取るようになりましたソリストと大企業のための音楽の生みの親。何年もの間、彼は、などマヌエラ・カラスコ、ロスFarrucos、ポベダ、ピパ、ドゥケンデ、とのダンサーや歌手として活躍しますそして彼はそのようなビエンナーレ・デ・フラメンコフェスティバル・デ・ヘレスのような主要な映画祭で行われました。歌手は4月26日にマドリードフラメンコタブラオコルドベス1で実行されます。   サラ・バレロ   それは彼の芸術サラ・バレロ、彼の後ろの広範かつ貴重なキャリアのフラメンコタブラオコルドベスで常習的なダンサーで私たちを魅了します月の最初の半分の間にそれらを同行します。サラは、1〜4月10日に私たちと一緒になります。     アントニオ「エル・Farru」   ファルーコファミリーサガが最も重要なフラメンコダンサーやジプシーであるとFarruは、まだアクティブな3つの兄弟は、20から30にフラメンコタブラオコルドベスで私たちと10月になります。アントニオ・フェルナンデス・モントーヤは、より良い監督、「エル・Farru」として知られ、ニューヨーク・シティセンターを含め、世界でタブラオと最も権威のある段階によって彼自身の個展を行いました。彼はまた、ビヨンセ、ビョーク、マーク・アンソニーとパウリナ・ルビオのようなポップスターで行われ、悲しげに故人マスターパコ・デ・ルシアと世界ツアーを共有しています。 Farruは、月のダンスのサミットで会議のサイクルの第2の部分を開始するために到着し、28〜30 4月から私たちと一緒になります。   カンタオール   (1から4月30日まで)フアン・マンザノ「ココ」ナチュラルサン・ロクは、おそらくバルセロナのフラメンコ声の一つです。彼はどこへ行ってもそのDNAで本物のフラメンコは、彼を伴います。ムーディー、刺激的な思い出と圧倒的な自然を歌うことのできる、この豊かな驚異の声を追加。これは、バルセロナのフラメンコの機関であり、私達に年々驚かせ続けています。   バルセロナ生まれの(1から4月30日まで)、ボンの牧師の周辺に、フラメンコ環境で子供の頃から育ったアントニオ・カンポス「Bocaillo」。それは偉大な芸術家、カライム・アマヤ、スージー、パストラ・ガルバン、イエスカルモナ、アンジェリータ・モントヤ、グアディアナ、Junco、Farru、パトリシア・ゲレロ、ホセ・マヤ、アルフォンソ・ロサ、マルコスのような名前での作業、タブラオフラメンココルドベスでプロの歌手として形成されています。フローレス、オルガPericetまたはモネタ。 (1から4月8日まで)ちょうどあなたのtalento.Luisを磨く、タネマヌエルアントニオ・ビラー、ルビオ・デ・Prunaまたはココのように踊る手偉大な歌手「Granaíno」   マヌエル・デ・ラ・ゴッサムは、(1 4月27日まで)フラメンコの伝統を持つ家族に生まれ、マヌエル・デ・ラ・ゴッサムはsaetasの曲の数々の賞を受賞し、国際的なステージで行われました。   タラゴナではなくアンダルシア起源を持って生まれカンタオール(9から18月まで)フアンホNayeliは、ファルーコそのような(18から27月)MiguelaのKarimeAmayaJoséOファン・デ・ファンなどの他の偉大な芸術家とのステージを共有
Marzo en Tablao Flamenco Cordobes     El buen tiempo empieza a asomar en Barcelona, la gente concurre cada vez más en las terrazas y en Tablao Flamenco Cordobes estrenamos mes con un elenco de auténtico lujo. Puedes ver sus biografías clicando en las imágenes que aparecen en la derecha o, si lo prefieres, seguir leyendo y conocer a nuestros bailaroes y bailaoras.     Karime Amaya Karime Amaya ha nacido en México en el año 1985 en una familia de artistas flamenco. Ella es sobrina-nieta de una de las bailaoras más famosas del flamenco Carmen Amaya. Karime ha crecido con los bailes salvajes de su madre y en la academia de Mercedes Amaya en México DF. Por la primera vez sale a la escena a la edad de 9 años con la compañía de sus padres: el guitarrista Santiago Aguilar y la bailaora Mercedes Amaya también conocida como La Winy. Karime Amaya empieza a bailar profesionalmente en la misma compañía, aun siendo muy joven, a la edad de 12 años. Karime ha participado en cuatro ediciones del Festival Flamenco Internacional Albuquerque en Nuevo México, un festival de flamenco de gran prestigio. En el año 2003 bailaora se ha presentado…
Tablao Flamenco Cordobes presenta el espectáculo Cádiz... "Sagrada Claridad"   Tablao Flamenco Cordobes Barcelona, el histórico tablao de Las Ramblas, presenta a partir del próximo 16 de febrero «Cádiz... "Salada Claridad"». Un espectáculo original dedicado a la ciudad de Cádiz en su mes de carnavales, interpretado por artistas gaditanos insignes. Los cantes y bailes flamencos y los sones de la bahía se verán representados sobre las tablas del Cordobes por un elenco de auténtico lujo: David Palomar, Anabel Rivero, Marcos Flores, Rosario Toledo y Jesús Fernández. Un homenaje de admiración a la ciudad que eternizaron para el flamenco los cantes de Macande, El Mellizo, El Guante o La Perla y una oportunidad excepcional de disfrutar del mejor flamenco de Cádiz. Del 16 al 26 de febrero y del 15 al 29 de marzo, en Tablao Flamenco Cordobes.   David Palomar David Palomar es un cantaor de reconocido prestigio y un representante ilustre del flamenco de Cádiz.  Su debut profesional comenzó con el grupo "Levantito" como vocalista y productor. En 1998, ya como cantaor, estrenó el espectáculo "Sólo por arte" en la Bienal de Sevilla y con la compañía de Javier Barón. Después de esto David continuó trabajando con diferentes compañías…

1 / 4 ページ