Your browser does not support JavaScript!

 

 

  Flamenco Barcelona  Flamenco Barcelona  Flamenco Barcelona  Flamenco Barcelona  Flamenco Barcelona  Flamenco Barcelona  Flamenco Barcelona  Flamenco Barcelona

 
Menu
Mayo en Tablao Flamenco Cordobes Contínua el ciclo "Encuentros en la Cumbre del baile" en Tablao Flamenco Cordobes. Manteniendo fiel nuestro compromiso de traer siempre a los mejores artistas, este mes de mayo contaremos con un elenco repleto de artistas de reconocido prestigio internacional:  Farru La familia Farruco es la saga de bailaores flamencos y gitanos más importantes que existe y el Farru, uno de los tres hermanos que siguen en activo, estará con nosotros en Tablao Flamenco Cordobes del 28 de abril al 18 de mayo. Antonio Fernández Montoya, más conocido como "El Farru", ha dirigido y representado su propio espectáculo como solista por los tablaos y escenarios más prestigios del mundo, entre ellos el City Center de Nueva York. También ha actuado junto a estrellas de la música como Beyoncé, Björk, Marc Anthony y Paulina Rubio y compartió gira mundial con el tristemente fallecido Maestro Paco de Lucía. Karime Amaya En segundo lugar, y sólo hasta el 15 de mayo, tendremos la suerte de contar con la pasión y el arte infinitos de Karime Amaya, sobrina-nieta de Carmen Amaya y una bailaora de consolidado prestigio internacional. Su baile rezuma fuerza y temperamento y su arte ya ha encandilado a espectadores…
  Los Farruco y los Amaya, espectáculo de flamenco en Barcelona   Fechas 2017: 1 de junio, 20 de julio, 7 de septiembre Artistas:              Baile: Antonio Fernández “El Farru”, Karime Amaya, Susana Casas, Sara Barrero               Cante: Juan Manzano "Coco", Antonio Campos "Bocaillo"               Toque: David Cerreduela, Tuto *Alguno de los artistas puede variar por causas de fuerza mayor Este espectáculo presenta el contraste entre dos apellidos ilustres del flamenco, acompañados de los jóvenes talentos de la actualidad.  Una vez más, la extraordinaria universalidad del flamenco permite reunir en un mismo espectáculo a artistas representativos de Sevilla y Catalunya:  Antonio “El Farru” y Karime con Susana Casas y Sara Barrero, situadas en la élite del reconocimiento profesional por los entendidos. El espectáculo Los Farruco y los Amaya , pretende recrear la peripecia gitana a su llegada a España, a través del Ródano entrando por Catalunya en 1425. Las nubes negras del siglo XV, la religión como condición integradora, su paulatina integración, y la consolidación de una idiosincrasia de fuerte personalidad.  Esta forma de ser, alimentada por el mestizaje y la creatividad musical y artística, configura…
フラメンコ、バルセロナのフラメンコショーをライブ   アーティスト: ダンス:イエスカルモナ、スサナカサス、KarimeアマヤとサラBarrero 歌う:マリア・デル・マル・フェルナンデス、マヌエルタネ、フアンマンザーノ「ココ」とアントニオ・カンポス「Bocailloを」 ギター:デビッドCerreduela、イスラエルCerreduelaとTuto *アーティストの中には、神や不可抗力の行為が発生した場合に変更される可能性があります FLAMENCOがLIVE 1425カタルーニャで15世紀の黒い雲に入るローヌを通じて、スペインの彼らの到着時にジプシーの旅を再現することを目指し、統合条件、ITS緩やかな統合、強い個性の特異体質の強化として、宗教。 異人種間結婚、音楽と芸術の創造によって養われているのこの方法では、私たちはフラメンコを呼ぶ表現形式を作成します。すべての芸術の中でも、音楽(私たちのショーの塩基が)少ない記述力を提供しています。私たちの最大の課題は、合成をステージングする能力を実証するために、されているので、通常、番組の一時的なフォーマットは、必要に応じて記述するのに十分ではありません。 この概要では私たちは、3つのメッセージがあります。 疑う余地のない社会的背景で、19世紀の間、アンダルシアアンダルシアのジプシーの人と人との間で発生すると20に連結民族音楽の融合I.。 II。スペイン語、カタロニア語国民楽派を介して、インスピレーションとしてフラメンコとクラシック音楽の融合の結果を組み込みます。   III。そして最後に、世界のどこの集落で美的-flamencoを生成するために、共存のためのフレームワークとしての能力を渡ります。カタルーニャのどちらの例では、明確な表現です。  
  オリジナル   カルメン、カルメン、カルメン、バルセロナのフラメンコショー: アーティスト:  ダンス:イエスカルモナ、スサナカサス、KarimeアマヤとサラBarrero 歌う:マリア・デル・マル・フェルナンデス、マヌエルタネ、フアンマンザーノ「ココ」とアントニオ・カンポス「Bocailloを」 ギター:デビッドCerreduela、イスラエルCerreduelaとTuto *アーティストの中には、神の行為のイベントまたは不可抗力に変更される可能性があります バルセロナのタブラオフラメンココルドベスはフラメンコダンスの最も画期的な人物の一人、カルメン・アマヤに敬意を表しました。 バルセロナ、ダンサーやギタリスト( '・ラ・Faraona'と 'エルチノ')の娘のSomorrostroジプシー四半期からこのジプシー出身の移民は、彼のキャリアは、ルーズベルト大統領のホワイトハウスにバルセロナで船員の居酒屋から行ってきました。 因習打破、独学、金型破り...私たちは彼女の踊りは、反乱のメタファーであると言うことができ、帯電ペースと労働倫理と、彼女は彼女のワードローブを含め、あらゆる面で先にその時間のでした。 カルメン・アマヤは、単一のモデルに適合するのは難しいビューの学術的観点からとらえどころのないモデルですので、私たちのショーは、その多様な審美的なプロファイルには3つのバージョンを提供しています。 Karimeアマヤ(カルメン・アマヤの偉大-姪)、スサナ・カサスとサラBarrero:歴史の泉から集め有名な若手ダンサーによってバージョン。 2014年に全世界で百万人以上の視聴者を移動バルセロナで絶賛されたグランドフラメンコフェスティバルを再起動するカタルーニャ音楽堂のシーンに再び戻って、ヘスス・カルモナが伴います。